ホーム >> 特集 >> 失敗しないレンタルサーバの選び方

失敗しないレンタルサーバの選び方

以前に比べるとレンタルサーバの価格も落ち着いてきて、最近ではそこそこのスペックのサーバーを選んでもレンタル料金が重荷になるというほどではなくなってきました。

それでも一ヶ月あたりのレンタル料金は、数百円から数千円(専用サーバーは除きます)と10倍以上の開きがあります。

レンタルサーバーを選ぶときのポイントは、値段だけで決めないで、あなたが何をしたいか、どんなサイトをどのように運用したいか、といった目的から選んだほうが良いでしょう。

最近では、レンタルサーバ各社の間での機能の差はそれほどないように思いますが、それでも各社で特徴を打ち出していますので、そのレンタルサーバーのウリがあなたの目的にかなっているかチェックしておくことが大事です。

ここでは、目的別に私の経験からおすすめできるレンタルサーバーを上げておきます。

できるだけ安く上げたい方向け

以前は、このページでは某格安レンタルサーバーを紹介していました。

月の利用料が数百円程度なので、趣味とか本格稼働の準備段階にいる方には、そこのサーバーでも良いと判断して消化していましたが、近年は、ウェブサイトのハッキングやWordPressのようなCMSの脆弱性をついた攻撃が激しくなってきて、あまり格安のサーバーでは、都合がわるいケースが増えてきました。

というわけで、できるだけ安くて、なるべくセキュリティの問題もクリアしているところということで、当社でも利用しているさくらサーバーを挙げておきます。

WordPressなどのCMSツールもインストールでき(スタンダードプラン以上)て、マルチドメインにも対応しています。

安定的なサーバーの稼働には定評がありますので、まず安心してご利用いただけるはずです。

私が自信を持っておすすめするレンタルサーバー

仕事柄、常に複数のレンタルサーバーを同時に契約していますが、この10年間欠かさず使い続けてきたサーバーがこのエックスサーバーです。

料金的にもだいたい1ヶ月あたり1,000円くらいとそれほど負担にはなりませんし(これが負担と思うならネットビジネス早めたほうがよいでしょう)、その割にはかなりの安定性で、記憶にあるかぎりはエックスサーバーで、ダウンしたり、といったトラブルは一度もなかったと思います。

ビジネス用途としても、十分な機能と性能を備えたレンタルサーバでオススメなのが、エックスサーバです。

マルチドメインはもちろんですが、MySQLデータベースも30個まで設置可能です。まず、こんなにいっぱいデータベースを使うことはありませんが...

当サイトもこのエックスサーバーで運用していますが、今のところあまり不満もなく、概ね快適に動いてくれています。

1ヶ月あたり1,000円(税抜き)で200Gの容量ですから、まず不足することもないでしょう。


上記以外にも良いレンタルサーバーはありますが、目的別に安心しておすすめできるところを上げてみました。当社のクライアントにも目的に応じて上記の3つからおすすめしています。