プラグイン

Contact Form 7のお問い合わせフォームでスパムを回避する方法

クライアントのサイトにContact Form 7をインストールして、動作をチェックしている最中にいきなりスパムが、送信されてきました。

このまま納品したら、お客さんのメールアドレスには、スパムメールだらけになってしまうので、何か良い方法はないかなと思っていたところ、Contact Form 7には、標準で「reCAPTCHA 」を設定できることに気がつきました。

reCAPTCHAとは、Googleが提供するサービスで、お問い合わせフォームなどに「私はロボットではありません」と出て来る例のアレです。チェックをつけないと、送信したり、次の手順に進めないようになっています。

reCaptchaのメッッセージ

この設定を行ったので、忘れないうちに記しておこうと思います。

大まかな手順としては、以下の通りになります。

  1. Contact Form 7をインストール
  2. GoogleのサイトからAPI キーペアを取得
  3. Contact Form 7の「インテグレーション」メニューから、取得したAPIキーペアを設定
  4. フォームタブで、reCAPTCHA のフォームタグを挿入

GoogleのサイトからAPI キーペアを取得

Contact Form 7は、すでにインストールされているものとして、進めていきますので、まずは、GoogleのreCAPTCHAのページから、APIキーを取得するところから、説明します。

reCAPTCHAを利用するには、Googleのアカウントを持っている必要がありますが、持っていないというかたは、ほとんどいないと思いますが、もし持っていなければ、「googleアカウント作成」で検索して、作っておきましょう。

reCAPTCHAのAPIキーを取得するために、reCAPCHA管理画面に行きます。

https://www.google.com/recaptcha/admin

あるいは、Contact Form 7の編集画面で、「reCAPTCHA」ボタンを押すと、APIキーペアの設定をするようにメッセージが出るので、こちらのリンクをクリックしても、同じページが表示されます。

Contact Form 7で、reCAPTCHAのAPIキー設定を求めるメッセージ

APIキーを取得するために、下記の登録フォームに必要項目を入力します。

現在のところ、日本語には対応していないようですが、項目数は少ないので、難しくはないでしょう。

最初の「Label」のところは、なんでも良いので、自分でわかりやすいものを入力します。

二つ目の項目の「Choose the type of reCAPTCHA」では、「Checkbox」を選択しておけば、上記のような「私はロボットではありません」の表記になります。

三つ目の「Domeins」は、そのまんま、利用するWordPressのサイトのドメインを入力します。

複数サイトを登録したい場合は、1行に1ドメインを改行して入力します。

reCAPTCHA 登録フォーム

「Accept the reCAPTCHA Terms of Service」のところは、日本語でいうと、利用規約に同意します。といった意味です。ここにチェックを入れないと、上記のように、赤字でメッセージが出て、登録できません。

最後の「Send alerts to owners」は、設定ミスなどの何かトラブルがあった場合に、登録しているGmailのアドレスにメッセージを送信するかどうか、なので、チェックしておくことをお勧めします。

「Register」ボタンをクリックすると、登録が完了して、以下のような画面が表示されます。

Contact Form 7の登録に必要なのは、以下のうちの「サイトキー」と「シークレットキー」のみです。

reCAPTCHAのキー発行

Contact Form 7でAPIキーを設定する

キーが取得できたら、Contact Form 7の「インテグレーション」メニューで、キーを入力します。

Contact Form 7のインテグレーションメニュー

以下のフォームが表示されたら、先ほど取得した、サイトキーとシークレットキーを入力します。けっこう長いのコピペするときに、一部が欠けたりしないように気をつけましょう。

Contact Form 7 のAPIキー設定フォーム

フォームタブで、reCAPTCHA のフォームタグを挿入

最後に、Contact Form 7の「フォーム」タブに戻ってきたら、reCAPTCHAを設置したい位置をクリックしておいて、「reCAPTCHA」ボタンをクリックします。

reCAPTCHAの挿入

すると、フォームタグ生成のダアログが出てきます。通常は、どこもいじらずにこのまま、「タグを挿入」ボタンをクリックします。

フォームタグ生成

あとは、保存したら完了ですが、最後にお問い合わせフォームから、テスト送信して確認しておくことをおすすめします。

Related posts

WordPressで簡単にテーブル(表)を挿入するプラグイン

ItSpaceBiz