プラグイン

WordPressですべての投稿を一括で検索、置換をする方法

長年ブログを書いていると、気づけば相当数の記事がストックされます。

過去に自分お書いた記事を読み返して、「なんてヘタクソな文章なんだ。」と恥ずかしくなることもありますが、スペルミスとか間違えて覚えていた単語をそのままブログに書いていたことに後から気づいたりしたら、結構恥ずかしかったりします。

そんなときに便利なのが、全ての投稿と固定ページに対して一括して、検索と置換を行える「Search Regex」というプラグインです。

Search Regex

プラグインの新規追加ページから「Search Regex」で検索してインストールと有効化をしておきます。

Searc Regexの起動は「ツール」メニューから実行します。

Search Regexの起動

メニューは英語で書かれているので、ちょっと使いづらいかもしれませんが、「Search pattern」の欄に検索したいキーワードを、下の「Replace pattern」欄には置き換えたいキーワードを入れるだけのシンプルな仕組みになっています。

ちなみに「Source」の欄には、デフォルトで記事の本文に設定されていますが、ここを変えることで、コメントのみとか、タイトルのみなどの指定も可能です。基本的には標準設定の「Post content」でOKでしょう。

Search Regexのダイアログ

一括で置き換えたい場合は、「Replace」ボタンをクリックします。すると、置き換え前と後が比較して一覧で表示されます。

Searcg Regexの置換前と後の一覧

「Replace & Save」をクリックすると、置換して更新されたファイルをすべて保存してくれます。

大量に記事を更新してしまうと、思わぬところで意図しない変更がされてしまう可能性もあります。心配な場合は、あらかじめバックアップを取っておくことをお勧めします。

上記の例でいうと、少し見づらいですがリンク先のURLの表記まで置換の対象となってしまっています。このようにローマ字を検索の対象にした場合は、ソースの部分までが拾われてしまう危険性があるので、実行する前によく確認しておいて方が良いです。

検索したいキーワードだけを入力して「Search」ボタンを押すと、下図のようにそのキーワードが含まれた投稿記事だけが一覧で表示されます。

Search Regexの検索結果

右側の「View」リンクをクリックすると対象の記事が表示され、「Edit」リンクをクリックするとその投稿の編集ページが表示されます。

対象の記事数が少ない場合は、こちらで一個一個確認して変更するのが確実かもしれません。ただ、その場合はWordPressの備わっている検索機能で事足りますから、プラグインに頼るのは大量に一括で置換したい場合ということになるでしょう。

WordPressの投稿検索機能

※上図の検索では、ソースは検索の対象とはならず、ビジュアル編集画面で見える部分だけが対象となります。

Related posts

Contact Form 7のお問い合わせフォームでスパムを回避する方法

ItSpaceBiz

WordPressの日付別アーカイブが表示されない問題

ItSpaceBiz

WordPressで簡単にテーブル(表)を挿入するプラグイン

ItSpaceBiz